ホームへ

      

インタビューを終えて
    ,

                


 
冨井区長とオール須磨編集部 (15.11.28)

※このインタビューは平成15年11月に実施したものです。

冨井氏は平成16年3月に神戸市を退職され、現在は須磨海浜水族園の園長に就任されています。




インタビューに参加した編集部メンバーの感想をまとめました



有限会社ハルテック 代表取締役 長安 良夢  

「人を想い、須磨を想う」インタビューを終えて、私が感じた冨井区長のイメージです。須磨区のことや若者に対するメッセージ、NPOへの期待など大変貴重なお話を頂いたように思います。このインタビューで感じたことを胸に、これからも「行政と住民をつなげる橋」として「地域の活性化・発展に少しでも貢献できる団体」として、皆様のご要望にお応えできるよう努力していきたいと思います。
 
オール須磨編集部・スタッフ みさき
区のトップの方との対談ということで、少し怖いという気持ちがありました。
がしかし、実際にお会いした冨井区長はとても温厚な方でした。不慣れな私たちをとても親切にリードして下さったので、安心して事を運ぶことができました。
須磨区をよりいっそう住みやすいまちにされたいというお気持ちが強く伝わってきました。それは私たちオール須磨のスタッフも同じことですので、行政とは違った方面で須磨区をより良いまちにできるようこれから頑張って行こうと思いました。
冨井区長、まちづくり推進課の皆様、お忙しいところ本当に有難うございました。
オール須磨・スタッフひとし
今回が私たちにとってはじめてのインタビューでしたので、メンバー全員が緊張していました。そこを冨井区長にうまく和らげてもらったというのが正直な感想です。特に区長が目頭を熱くされていた時の表情が印象に残っています。
とてもご多忙の中、1時間にわたるインタビューにお答え頂き、深く感謝しています。お話しにもありましたが、今後は価値のある、中身のある団体を目指し、長期に渡って活動できる基礎をしっかりと作っていきたいと思います。


ホームへ インタビュー内容へ       



                                       (C)Copyright,2003 all-suma.com All rights reserved

                               オール須磨はオール須磨事務局が運営する神戸市須磨区の地域情報サイトです