ホームへ


ひとり言メニューへ






 第1回:素晴らしい朝 byもも


はじめまして。「もも」と申します。
びびっと心に響いたいろーんな出来事を書いていきますんでよろしく!ですぅ。

今朝の「はなまるカフェ」に直木賞受賞作家の「山本一力」さんが出演されてました。
はなまるマーケット派ではないのですが、何気にチャンネルを変えるとなんとなく
目に止まったのです。
テロップに2億円の借金があると表示されていたのが気になったのです。
私は山本一力氏を知らなかったし、受賞された「あかね空」という作品も知りません。
でも、低音で聞き取り易い話し声は私に安心感を与えてくれました。

山本氏の経歴やどのような理由で2億円もの借金をしたのかは番組の途中だったし、
番組で話されてたかどうかもわかりませんが、そんな多額の借金を抱えているようには
到底、思えない雰囲気をかもし出していました。

私はこの山本氏に感銘を覚えたわけではないのです。
彼の奥様に心がびびびっとさせられたのです。

山本氏が多額の借金を小説を書いて返済していきたいと話したとき奥様は
反対するどころかすすんで応援してくれたそうです。
(しつこいようですが途中からなので)多分、前職を辞めて作家になろうと
決めたのだと思います。
山本氏は妻が背中を押してくれたと話していました。

私ならどうだろう・・・。多額の借金がある上、どう転ぶかもわからない道を
夫が選ぼうとした時、背中を押してあげることができるだろうか・・・
私なら「NO」だ。即座に「NOぉぉぉぉ!」だ。

「いやぁーっぁ」とわめき散らすかも・・・だ。

そんな思いにふけっていると私の心を魅了した奥様が画面に現れました。

山本氏から作家の道に進みたいと言われた時のことをインタビューされていました。
「彼の気持ちが固まっていたのがわかったので喜んで賛成した」ようなことを言って
いました。不安はなかったか?の質問に(ふんっ、ふんっ、それっ、それが気になる!)
奥様は毅然として言い放った。

「ありませんでした」と。続けて

★★★「その時には全てのものを持っていましたから・・・」と。★★★

私は興奮しすぎて奥様の正確な言葉はすっとんでしまったのですが、
私なりの解釈で表現するなら
−夫が居て、子供が居て、家族みんなが健康で、愛情につつまれた家庭−
これ以上何が必要なのですか???と言わんばかりの明るい表情で答えていました。

ニオクノシャッキンガアルノニ

それでも凛として「全てのものを持っている」と言い切った奥様に私は

「ま・まいりました、ははぁーっ」と頭をさげるしかありませんでした。

心があまりにも驚いて目に涙が溜まった。
朝からなんて素晴らしい人を知ったのだろう。

私もいつか夫が信じた道を選ぼうとした時、迷うことなく夫の背中を押せる人間に
少しでも近づきたいと強く心に思った朝でした。





第1回:素晴らしい朝
第2回:なんだかな〜
第3回:宝物
第4回:知らぬが仏?
第5回:考えすぎかしら
第6回:働かない女
第7回:おばあちゃん
第8回:徒然なる心

ひとり言メニューへ