ホームへ
 

子育て日記トップへ

 
 

 
『我が家にゆいがやってきた』

                                    父:パ パ  34歳
                                    母:かーか 33歳
                                    娘:ゆ い  2歳6ヶ月




はじめまして。

今年ももう6月。湿っぽくて暑い日本の夏がやってまいりました。

みなさま、いかがお過ごしですか。

我が家のハイテンション娘は、朝から晩まで汗をかきかき動きまわっています。

近頃やっと、すこしは手がかからなくなってお茶をのみながら『大きくなったなぁ』とあたりまえのように

おしゃべりしにこにこしている彼女を見るとあの日を思い出す。

世間ではミレニアムベイビーと騒がれていた2000年。10月のある日、我が家にゆいがやってきた。

無事に出産も終え部屋で一眠りし目が覚めた頃、看護士さんが『女の人は人生の中で子供を

産んだときが一番きれいなのよ』と言って生まれたばかりのゆいを抱っこして笑っている私の写真を

サイドテーブルの上に飾っていってくれた。

『どれどれ…』と思いながらそれを見た瞬間、自分の顔にひいてしまった。

恐ろしいほどきたない顔がにこにこしていた。決して人様にお見せできる写真ではないと思いすぐに

引き出しの中にしまったのよ。

本当にかわいくて一日中、新生児室のガラスにへばりついて見ていたなぁ。

婦長さんに『かわいいのはわかるけどお母さんの体もやすめなあかんよ』と注意されたほどだった。

でも、かわいいだけではなかったのだ。

退院後、逃げも隠れもできない、それはそれはたいへんな子育ての日々が始まったのです。

これまでの"なんだかんだ"は後々、お話するとしまして……。

子供を産んでみてやっと分かったことがあるのよね。

『20代でひとりは産んでおいたほうがいいで』というまわりのお言葉。

そのとーりだった産むのは産める。育てるのがしんどい。やはり、20代の体力と30代の体力は全く

ちがった。子育てを成人するまでの20年としたら、まだまだ始まったばかり。

悪戦苦闘しながら自分なりに一生懸命がんばっている。しんどくても、腹が立ってもやっぱり

子育ては楽しい。しんどい分、その倍以上に幸せをくれるのだから。

『子供の寝顔を見ていると元気がでる』って、よく聞くでしょ?ほんとなんですよ。

すやすやと大の字になって寝ているゆいを見ていると『明日もがんばるぞぉ』って。

で、寝顔を見ながらいつも思うのです。『どんなことがあっても守ってあげるからね』そういえば、

旦那も寝ているゆいの頭をなでなでしながらおんなじことを言ってたっけ……。

子供って、不思議な不思議な存在ですね。

子育て真っ最中の方は『そうそう、うちも。わかるわぁ。』と、そうでない方は『ふーん、そうなんかー』

と気軽に楽しく読んで頂ければうれしいです。






我が家にゆいがやってきた
子は親の背中を見て育つ!?
親ばか?まだまだ進行中!
体の成長 心の成長
近頃のゆいさん 前編
近頃のゆいさん 後編
卒乳か断乳か!世間では・・・その1
卒乳か断乳か!世間では・・・その2
ゆとり保育体験
ゆいに弟、現れる!
ゆい、ゆとり保育第2弾〜かーか妊娠9ヶ月〜
子育て日記トップへ